Staff VoiceHappy Elementsで働く人々

プロフィール

I.S. (2011年 新卒入社)

イラストレーター

大学在籍中に学生アルバイトとして、2011年にHappy Elementsに入社。翌年2012年に大学を卒業して社員となり、背景デザイナーを経て現在は「メルクストーリア – 癒術士と鈴のしらべ –」(以下メルスト)のアートディレクターを務める。

インタビュー

アイディアを出していけそうな社風

大学4年生のときにHappy Elementsに入社したクラスメイトから誘いを受けて、私も入社を決めました。大学卒業前に就職活動も色々してみて、何社か内定はもらっていたのですがやっぱり自分で考えて、アイディアを出していけそうな社風だと感じていたアルバイト先のHappy Elementsに就職を決めました。

デザイナーなので、システム面にはほぼ意見を言ったことはなかったのですが、メルストの開発当初、合成素材になるキャラクターは基本消えてしまうことに、納得が出来ませんでした。メルストではキャラクター1人1人にその世界で生きているという存在感が欲しかったので、メフテルハーネにとって素材キャラクターの存在とは何なのか、という違和感を感じたためです。そこでちょっと勇気を出して、エンジニアとプランナーの人に、素材キャラクターをなくして他の育成方法にすることはできるでしょうか、と相談をしてみました。すると翌日、もっと詳しく聞かせてくださいと呼ばれて、その場で代案としてゴルド(お金)を使うのはどうかというアイディアやお金を増やせる機会を増やそうとその場で話し合ってくださいました。

もっとこうしたらいいんじゃないか、という意見に対してはちゃんと反応してくれる雰囲気は今も昔も変わらないです。

ゲーム作りは、チーム制作

実は入社時は背景制作専任だったんです。その当時はキャラクター制作をほとんど行っていなくて、背景の他にバナー制作のお手伝いもしていました。アートディレクターになってからは、キャラクターの練習やソーシャルゲームで受けているキャラクターの研究もたくさんしました。

現在の業務内容ですが、大きくわけて3つありまして、1つはイラストレーターさんが書いたイラストのチェック。例えば、ユニットキャラクターの工程ごとのチェックや完成後の最終チェックを行います。もう1つは他社様とのやり取りやデザインの確認。最後に自分のイラスト制作業務があります。高レアリティのキャラクターやイベントユニット、モンスターやアイテム、背景などを自分で制作することもあります。アートディレクターになっても自分でデザイン業務をしたいと思っていたので、今は監修やディレクションと制作業務も任せてもらえてとても嬉しいです。会社のゲームづくりで強く意識していることは、チーム制作だということです。エンジニアやプランナーなどの他の職種の人たちとも関わりながらやっていくということは、難しく時には衝突することもあります。それは、お互いが自身の専門分野で力を尽くし、納得のいくものをつくろうという気持ちのあらわれだと思います。そうして、様々なプロたちがつくったものが最終的に"ゲーム"という形で合わさり、新しい体験となる。その度に、自分一人だけではつくれないと感じています。

思い描いているものを具現化するのがデザイナー

ゲーム制作をしている中でユーザーさんからの反応が一番のやりがいになっています。月初のイベントストーリーを読んで、感想を毎回言ってくださる人やイラストコンテストでファンアートや自分で考えたキャラクターを見ると、メルストのことをよく知ってる!ととても嬉しくなります。リリース当初は嬉しいことばかりだけではなくて、自分の満足いなかった制作物を公開してしまってユーザーさんから厳しい意見をもらったりすることもありました。納期や締め切りに追われて、時間配分がうまくできなかった自分に対してすごくやるせなかったです。そんな経験も経て、今の自分がここにいると思っています。

自分で納得するだけではなくて、相手を意識して制作ができる人はゲームを制作する上でとても楽しめると思います。プランナーやディレクターが思い描いているものを具現化するのがデザイナーの仕事であり、さらに彼らの想像をこえた良いものへと膨らませられたらと、そんな気持ちで仕事をしています。愛されるコンテンツ制作をしたい人は是非応募してみてください。

1日のタイムスケジュール

出社
メールチェック・情報収集
打ち合わせ
朝会(情報共有)
作業
イラストチェック、チェックバックなど
昼食
打ち合わせ
イベントシナリオ・キャラクター・背景などについて
作業
イラスト制作
退勤

Entryエントリー受付中

一緒に世界中を幸せにしたいという情熱を持った仲間を募集しています!

募集要項はこちら