Staff VoiceHappy Elementsで働く人々

プロフィール

松本庄太 (2013年 中途入社)

エンジニア

大学卒業後、大手SI企業に就職し3年半ほど勤務。その後独立し、Webシステムや業務システムの開発に従事した後、2013年にHappy Elementsへ入社。
現在は、新規タイトルのグループリーダーを務める。

インタビュー

ユーザーさんとの距離が近いサービスを提供したい

SI企業ではBtoBの案件を主に担当していたため、自分の作ったものを使ってくれているユーザーさんとの距離が遠いことをネックに感じていました。前職でBtoCのサービスを担当することがあったのですが、その時に実際にシステムを使ってくれている方にお会いする機会がありユーザーさんと距離が近いサービスを提供したいという想いを持つようになりました。ちょうどその頃、ユーザーとしてソーシャルゲームにかなりのめり込んでいたこともあり、自分もソーシャルゲームを作ってみたいと思い、この業界を選びました。

実は応募するまでHappy Elementsのことは知らなかったのですが、HPやブログで当社のことを調べてみたところ、楽しそうな会社だと感じ、応募してみようと思いました。また、社長の新井さんのブログを見たり、面接で実際に会って話して、色々と共感できるところも多かったので、内定を頂けて入社を決めました。

やりたいことに集中させてもらえる会社

Happy ElementsではクライアントサイドはUnity、サーバサイドはRubyを使っています。僕は入社当時はC#は業務経験がありましたが、Rubyは全くの素人でした。前職でいろいろな現場・開発言語を経験している方だったので、何とかなるだろうという軽い気持ちで入社しました。もちろん既存のコードや仕様の理解など努力は必要でしたが、周りに相談に乗ってくれる先輩がいたこともあり、何とかなったのではないかなと思います。

Happy Elementsではこれまで様々なチームを経験していますが、やはり明るい雰囲気の人が多いなと感じます。チームによって違いますが、すぐに話し合いが出来たり気軽に相談もできます。あと、ミーティングやドキュメントが少ない会社なので、自分の時間が多く取れるのも特徴です。SI企業出身の方であれば経験があるかもしれませんが、ミーティング用の資料を作って、社内レビューで受けた指摘を修正して、またレビューして、というような文化がありません。その頃は、ドキュメントのメンテナンス作業が多く自分の仕事が何なのか疑問に思うこともありましたが、今はそれがなく、やりたいことに集中させてもらえています。必要なドキュメントは最低限作ることはありますし、チームに説明する機会もありますが、レビューなどは特になく、ユーザーさんにコンテンツを届けられることを優先できる環境です。

ゲーム業界ではシステムを作ることももちろん大切ではありますが、ユーザーさんに楽しんでもらえるものを提供するという熱意も同じくらい大切だと思っており、サービス業に近いんじゃないかと考えています。その中でコンテンツを作ってユーザーさんに届ける以上、作り手である自分たちが楽しんで、胸を張れるものを提供していくことが大切だと強く感じています。

意識しているのはコミュニケーション能力

前職と業界が変わって感じることは、やはりユーザーさんとの距離が近いということです。今はSNSが普及しているので、新しい機能などを提供した際にユーザーさんがすぐにレスポンスを返してくれます。SNSではユーザーさんを直接見ることはできませんが、喜びの声や、時には厳しいご意見をいただくことができます。自分の作ったものに対してレスポンスをいただけることにはやりがいになりますし、魅力だと感じています。

採用で意識しているのはコミュニケーション能力です。先ほどもお伝えした通り、ドキュメントがメインな文化ではなく、プランナーやデザイナーなどエンジニア以外のセクションのメンバーとのやり取りでコミュニケーションが必要になってきます。自身が持っている技術に加えて、楽しいゲームを提供したいという熱意や、チームとしてコミュニケーションを取っていける姿勢を持った方に入社頂きたいです。

1日のタイムスケジュール

出社
情報収集
朝のミーティング
面接
昼食
作業・チームミーティング
作業
退勤
退勤して飲み会

Entryエントリー受付中

一緒に世界中を幸せにしたいという情熱を持った仲間を募集しています!

募集要項はこちら